英語が苦手な人が学ぶ英会話学校の探し方を考える

学校を活用した英語上達法

授業

自然な英会話を身につけるために

英語を学ぶ方法の一つとして、英会話学校と呼ばれるものがあります。ラジオ講座や問題集を使うことでも同じような学習ができるのにも関わらず、なぜわざわざ教室まで通う必要があるのか疑問に感じる人も多いかもしれません。その理由は、英語を学習する上で大きな壁となりやすい、発音やアクセントといったものを正しく習得できる点にあります。学校では、小さな頃から英語を母国語として使ってきたネイティブの講師が指導を行っています。そのため日本の講師とは違う正しいイントネーションで発音してくれるので、本物の英語が身につくというわけです。自分で英語を使って話すという力が身につく点も見逃せません。問題集を使った勉強では、知識を得ることができるかもしれません。しかし英会話ではその知識を使ってことが求められるため、アウトプットに学習時間を割く必要があります。英会話学校は講師と英語で会話をしながら授業が進められていくため、自然とアウトプットの量を増やすことができるのです。実際に英語圏で使われているフレーズを学べるのも英会話学校の特徴と言えるでしょう。参考書などに記載されている文例は、どうしても古くなってしまうものです。古い英語でももちろん通じますが、現在使われている新しい英語で話した方が通じやすいのは言うまでもありません。特に英会話で対応されるスラングなどは、参考書などではあまり取り上げられていません。海外留学したときなどに相手の言っていることを聞き取れるようになるためにも、生の英語を学ぶことができる英会話学校をおすすめします。

Copyright© 2019 英語が苦手な人が学ぶ英会話学校の探し方を考える All Rights Reserved.